RSS | ATOM | SEARCH
業種別導入事例、取り扱い製品の活用事例などをご紹介しています。

ホームページ内で掲載している事例について
このブログでまとめてご紹介したいと思います。φ(.. )



>> 業種別導入事例
 各企業ごとにどんな問題があり、当社の取り扱い製品でどのように解決したのかをご紹介しているページとなっております。

 ▼情報・通信(株式会社プロネット様)
 ・夜間対応や受信データの振り分け作業にかかる費用負荷を抑えたい
 ・FAX機器や紙データに掛かる費用を抑えたい
 → RelayFax ※RelayFax導入事例

 ▼小売業(匿名希望)
 ・大量に送受信されるFAX文書の紙の紛失を防ぎたい
 → RelayFax

 ▼サービス(匿名希望)
 ・段階的に海外進出を行いたい
 → MDaemon Messaging Server


>> MDaemon Messaging Server ソリューション事例
 MDaemon Messaging Serverのソリューション事例についてご紹介しております。

 ▼ClusterReplicaでの冗長化
 ClusterReplicaはMDaemonメールサーバーに対して、障害対策と災害対策を同時に実装できます。

 ▼MSFCに対応(MDaemonのMicrosoft Cluster Serviceでの冗長化)
 MDaemonは、MSFCを使った冗長化に標準対応しております。障害発生時においてもサーバーをわずかな時間で切り替えることができ、業務を最小限のダウンタイムで滞りなく進めることができます。

 ▼Exchangeサーバーからの乗り換え
 MDaemonメールサーバーのご利用ユーザ様の多くは、元々Exchangeサーバーを使っていて、コストや機能要件などの理由からMDaemonへ移行しております。

 ▼拠点間接続やユーザ管理も考慮しながら段階的な海外進出を行いたい
 90か国以上の国々で販売実績のあるMDaemonなら、WorldClientを使って現在お使いの環境のまま多言語にも対応できます。


>> SecurityGateway for Exchange/SMTP Server 活用事例

 ▼SecurityGatewayを使った複数ドメインの一括管理
 SecurityGateway for Exchange/SMTP Serverは、複数の異なるドメインや複数の異なるメールサーバーの手前に配置することで、受信メールを一括でチェックしたうえでメールを宛先サーバーへ転送することができます。


>> RelayFax 活用例

 ▼受発注業務における紛失防止と効率化
 RelayFaxを導入前と導入後でどのような変化が見られたか説明しております。



製品の導入を考えているお客様、
ぜひ参考にしてみてくださいね。( ´ ▽ ` )

何かご不明な点などございましたら
お気軽に当社までご連絡下さいませ。




=ウェアポータル株式会社=======================

 
 URL: http://www.wareportal.co.jp
 Twitter: @wareportal
 facebookページ: http://www.facebook.com/wareportalinc
 (「いいね!」を押していただくと、MDaemonフリー版がダウンロードできます。)

====================================


author:, category:※ソリューション事例・連携について, 16:19
comments(0), -
連携についてのご紹介記事

今日はこのブログ内にある、製品の連携に関する記事をご紹介したいと思います。


>> \ スマートフォンを活用しよう! /
 MDaemon Messaging Serverとスマートフォンの同期方法についてご紹介しております。お手持ちのスマートフォンをどんどん活用していきましょう(´ω`)

>> MDaemonとClusterReplicaによるメールサーバー冗長化
 ClusterReplicaMDaemon Messaging Serverに対して、障害対策と災害対策を同時に実装できるのをご存知ですか?冗長化構想の特徴などもご紹介しておりますのでぜひご覧くださいませ。

>> RelayFax × MDaemon (RelayFaxとMDaemonとの連携)
 RelayFaxMDaemon Messaging Serverを連携すると、「ブラウザからのFAX送信」、「ユーザー情報同期」、「FAXの共有」ができるのをご存知ですか?このブログにはこの2つの連携について紹介しているホームページのサイトもあわせてご紹介しております。

>> MDaemonをClusterReplicaで冗長化する場合
 『MDaemonClusterReplicaで冗長化する場合、MDaemonのライセンスはいくつ必要ですか?』という質問について、こちらの記事で解説しております。よくいただく質問なのでぜひご確認くださいませ。

>> MDaemonのWindows Phone/Windows Mobileとの連携
 タイトルの通り、MDaemonのWindows Phone/Windows Mobileとの連携についてご紹介しております。

>> MDaemonのAndroidとの連携
 こちらはMDaemonとAndroidとの連携についてご紹介しているブログとなっております。



何かご不明な点等ございましたら、お気軽にお問い合せくださいませ。



=ウェアポータル株式会社=======================

 
 URL: http://www.wareportal.co.jp
 Twitter: @wareportal
 facebookページ: http://www.facebook.com/wareportalinc
 (「いいね!」を押していただくと、MDaemonフリー版がダウンロードできます。)

====================================


author:, category:※ソリューション事例・連携について, 16:52
comments(0), -
ソリューション事例について


本日は【ソリューション事例について】ご紹介しようと思います。





>> ClusterReplicaでの冗長化



ClusterReplicaは、MDaemonメールサーバーに対して、障害対策と災害対策を同時に実装できます。



01.既にお持ちのシステムにインストールするだけ

02.MDaemonライセンスは1台分で利用できる

03.既にお持ちのシステムをSecondaryとしても利用できる

04.複数個所へのレプリケーションもできる

05.サポートが1本化できる



↑MDaemonとClusterReplicaによる冗長構成の特徴です。



ほかにもこちらのページでは、以下の内容を詳しくご紹介しております。



・ClusterReplicaとMSFCでは何が違うのか

・MDaemonメールサーバー冗長構成例

・サービス停止時のメールサーバー・ファイルオーバー





>> MSFC(Microsoft Cluster Service)に標準対応



MDaemonは、MSFCを使った冗長化に標準対応しています。

障害発生時でもサーバーをわずかな時間で切り替えることができ、業務を最小限のダウンタイムで滞りなくすすめることができますよ。(・_・)



こちらのページでは、

・必要な環境

・MDaemonのライセンスについて

・参考費用について などのご紹介もしております。





>> Exchangeサーバーからの乗り換え



最近よくご紹介している気もしますが、、、



こちらのページでは



・MDaemonに乗り換えた主な理由

・Exchangeサーバーからの乗り換え方法

(MDMigratorを使ったサーバー移行、手動でのサーバー乗り換え)



など、ご紹介しております。





>> スムーズな海外展開の実現



MDaemonの活用例といたしまして、

『拠点間接続やユーザー管理も考慮して段階的な海外展開を行いたい』と考えている方にオススメです。



MDaemonは世界90か国の国々で販売実績があり、WorldClientを利用して現在お使いの環境のまま多言語にも対応することができます。



また、海外の支店にメールサーバーを新たに追加する場合でも、

MDaemonが標準で搭載している『ドメイン共有機能』によってドメイン名を変更することなく、離れた拠点へのサーバー追加が行えます。



STEP1 海外展開スタート:現地調査段階

STEP2  海外展開開始 : 事業開始

STEP3  海外本格始動 : 現地密着



↑このようにSTEPごとに図をつかってわかりやすくこちらのページで解説しております。





今回はソリューション事例についてご紹介いたしました。

何かご不明点や気になる点などございましたら、お気軽にお申し付けくださいませ。









=ウェアポータル株式会社=======================

 



 URL: http://www.wareportal.co.jp

 Twitter: @wareportalfacebookページ



===================================


author:, category:※ソリューション事例・連携について, 10:10
comments(0), -