RSS | ATOM | SEARCH
リアルタイムデータバックアップと24時間365日の連続稼動を実現するための、HAクラスタリングソフトウェア“ClusterReplica”

当社取り扱い製品である ClusterReplica について
今日は簡単にブログでご紹介したいと思います。φ(.. )


◇◆ClusterReplica(クラスターレプリカ)◇◆◇
 URL: http://www.wareportal.co.jp/products/cluster/index.html

ClusterReplica:リアルタイムデータバックアップと24時間365日の連続稼動を実現するための、HAクラスタリングソフトウェアです。

ClusterReplicaとは、下記の3つの機能によって
24時間365日の連続稼働を実現するためのソフトウェア製品です。

 ・データレプリケーション
 ・自動・手動フェイルオーバー
 ・世代管理付オンラインバックアップ

最大8つのWindowsシステムで、
ローカル/リモート問わずリアルタイムのレプリケーションと
フェイルオーバーを可能にするHAクラスタリングソフトウェアです。

1対多・多対1のレプリケーションも可能で、
特別なハードウェアも必要ないため
現在お使いの環境を変えずに冗長化を実現することができます。



>> ClusterReplicaの特徴

 ・遠隔地でもローカルでも、自動フェイルオーバー&自動フェイルバック!
 ・SQLサーバー、IIS、VMwareにも対応!
 ・複数サーバーへのバックアップ、複数サーバーからのバックアップがどちらでも可能!
 ・既存のシステムを変更せずにクラスタ環境を実現!


>> ClusterReplicaが選ばれる理由

 ・WAN越しの自動フェイルオーバーで災害対策にも最適!
 ・IISやMS SQLにも対応!
 ・1対多でのデータレプリケーション!
 ・レプリケーションに加え、バックアップ機能も内蔵!

これらの理由で多くの企業ユーザー様にご利用いただいております。m(__)m


ClusterReplicaの機能について
 URL: http://www.wareportal.co.jp/products/cluster/function.html
 ClusterReplicaの主な機能・特別な機能に分けて一覧でご紹介しております。


ClusterReplicaの仕組み・構成例について
 URL: http://www.wareportal.co.jp/products/cluster/structure.html

・ClusterReplicaは、大きく下記の4つのタイプに分類されます。
 Primary Master / Secondary / RepliMaster(レプリマスター) / レプリカ
 (詳細は上記URLよりご確認くださいませ。)

・ClusterReplicaは、様々な目的・構成でご利用いただけます。
例として、「2つのWindowsシステムによる冗長化」「2つのWindowsシステム上のデータを1台にレプリケーション」について上記URLにてご紹介しております。


ClusterReplicaのデータレプリケーション
 URL: http://www.wareportal.co.jp/products/cluster/replication.html

ClusterReplicaは、下記の方法でレプリケーションを行います。
リアルタイムレプリケーション / スケジュールレプリケーション
 (詳細は上記URLよりご確認くださいませ。)


ClusterReplicaによるフェイルオーバー
 URL: http://www.wareportal.co.jp/products/cluster/failover.html

フェイルオーバーとは、クラスタリング環境にあるサーバーの中で稼働しているシステムや何らかの原因で停止した際に、稼働しているシステムが処理中のタスクやサービスを引き継ぎ、システム全体としては24時間稼働を実現するシステムを意味します。

ClusterReplicaはシステムやサービスを監視し、異常を検知した際はバックアップ機がそれまでメインで提供していた役割を引き継ぐ『フェイルオーバー』機能を搭載しています。
このフェイルオーバーは、自動で行うこともでき、またフェイルオーバー前に障害の状況確認が必要なシステムであれば、手動で行うこともできます。

上記URLでは“フェイルオーバーサービスの設定”や“フェイルオーバー時の動作(動画)”も掲載しておりますので、ご確認くださいませ。


ClusterReplicaのフェイルバックオプション
 URL: http://www.wareportal.co.jp/products/cluster/failback.html

フェイルバックとは、クラスタリング環境で元々メインシステムとして稼働していたサーバーが障害から復旧した際、バックアップサーバーが引き継いでいるタスクやサービスを改めて引き継ぐことを意味します。

ClusterReplicaのフェイルバックの方法については、お客様の環境に合わせて下記の中から選択・設定をすることができます。

 ・フェイルバックせず、クラスタ構成にも加わらない
 ・フェイルバックせず、セカンダリとして稼働
 ・稼働中のバックアップサーバーから更新データをコピーし、自動フェイルバック
 ・稼働中のバックアップサーバーから更新データをコピーせず、自動フェイルバック

詳細については、上記URLよりご確認くださいませ。


ClusterReplicaのIP Forwarding
URL:  http://www.wareportal.co.jp/products/cluster/ipforwarding.html

ネットワークセキュリティ向上のため、NAT機能を搭載したファイアウォールやルータが、多くの企業で使われています。
ClusterReplicaでは、異なる場所にあるサーバー間であってもスムーズに導入できるよう、IP Forwarding機能を標準搭載しています。クラスタ構成の中のサーバーの1台がローカルネットワークにあり、バックアップ機が外部のインターネット上にある場合などでも、簡単にIPアドレスの転送設定が行えます。

詳細につきましては、上記URLよりご確認くださいませ。



製品価格について
 URL: http://www.wareportal.co.jp/products/cluster/price.html

ClusterReplicaは、サーバーごとにそれぞれのライセンスが必要です。
メインサーバー、待機サーバーのそれぞれ合計台数分のライセンスをご購入下さいませ。

※メインサーバーとは、冗長化したいサーバーです。
 メインサーバーの台数はクラスタリンググループを表し、この数がご案内するライセンスキーの数となります。
※待機サーバーとは、バックアップ・スタンバイ用のサーバーです。

なお、クラスタリンググループ数と同じ数のライセンスキーをご案内しますが、メインサーバーと対応するそれぞれの待機サーバー全てにご案内したライセンスキーを入れてご使用くださいませ。

こちらのブログでも説明しておりますので、上記URLと併せてご確認くださいませ。)




最後になりますが、当社は日本における
HAクラスタリングシリーズの日本総代理店として活動しており、
ライセンスの販売だけではなく
製品を用いたシステムのスムーズなご利用開始に向けた
導入サービス支援や運用サービスも合わせてご提供しております。

ご参考URL)
 ・ClusterReplicaの製品紹介ページ
  URL: http://www.wareportal.co.jp/products/cluster/index.html
 ・各種サービスのご案内ページ
  URL: 
http://www.wareportal.co.jp/services/index.html



製品に関するご不明な点やご質問等ございましたら、
お気軽にお申し付けくださいませ。




=ウェアポータル株式会社=======================

 URL: http://www.wareportal.co.jp
 Twitter: @wareportal
 facebookページ: http://www.facebook.com/wareportalinc
 (「いいね!」を押していただくと、MDaemonフリー版がダウンロードできます。)

===================================



author:, category:・ClusterReplica (HAクラスタリングソフトウェア), 17:41
comments(0), -
ClusterReplica ライセンスの考え方

当社取り扱い製品ClusterReplica価格表のページに
「ライセンスの考え方」という項目があるのをご存知でしょうか?

今日はClusterReplicaのライセンスの考え方についてご紹介したいと思いますφ(..)




当社取り扱い製品であるClusterReplicaは、サーバー機の障害対策としてご使用いただく製品です。

組み合わせ方はお客様のご要望に合わせてご使用いただけますが、
ClusterReplicaのライセンスはサーバ機ごとに必要となっています。

 ・メインサーバー(冗長化したいサーバー)
 ・バックアップ用サーバー(スタンバイしている(かわりになる)サーバー)
これらそれぞれの台数分のライセンスをご購入下さいませ。

※ClusterReplicaの価格表のページに掲載している金額は、サーバー機1台分の金額となっております。



例)メインサーバーを1台、待機サーバーを1台使用する場合

メインサーバーを1台、待機サーバーを1台使用してClusterReplicaを利用する場合

この場合、合計2台のサーバーを使用するため、ライセンスは2台分必要となります。


なお、ライセンスの考え方については
こちらのブログでも説明しておりますので、合わせてご覧くださいませ。


=ウェアポータル株式会社=======================

 URL: http://www.wareportal.co.jp
 Twitter: @wareportal
 facebookページ: http://www.facebook.com/wareportalinc
 (「いいね!」を押していただくと、MDaemonフリー版がダウンロードできます。)

===================================






author:, category:・ClusterReplica (HAクラスタリングソフトウェア), 17:04
comments(0), -
>> ClusterReplica


本日は21世紀最後の【金星日面通過】でしたね!



次にみられるのは105年とのこと。

皆さん見られましたか?(・_・)









さて、本日はホームページの更新情報のお知らせです。



当社の取扱製品である ClusterReplica はご存知でしょうか?

こちらのメニューを全面リニューアルいたしました。





ClusterReplica



 >> 機能一覧

 >> ソリューション(活動事例)

 >> 製品の仕組み

 >> 製品価格

 >> サポート内容



ClusterReplica とは?

 LAN/WAN 越しに Windowsサーバーのデータレプリケーションとシステムの連続稼働を実現するHAクラスタリングソフトウェアです。

 遠隔地のサーバーであっても切り替えることができ、1対多、多対1でのレプリケーションでもできます。







さらに詳しい製品情報やお見積もり等につきましては

お気軽に当社までお問い合せ下さいませ。









=ウェアポータル株式会社=======================

 



 URL: http://www.wareportal.co.jp

 Twitter: @wareportalfacebookページ



===================================
author:, category:・ClusterReplica (HAクラスタリングソフトウェア), 16:27
comments(0), -